屋根の水漏れはDIYでの修理がお得?金額以外のトータルで考える

この記事をシェアする

総合的に考えてみると、自分で行うメリットは少ない

バケツや雑巾で水を受ける

当然のことのようですが、初期動作はとっても大切です。
いつもの雨漏りだ、少量だから大丈夫と思わずに、雨漏りの水をまき散らさない方法を考えましょう。
過度な湿気や水分は、自宅を非常に傷めますし、害虫が発生する可能性が多くなります。
水が天井から漏れている場合には、バケツ等を下に置いて水を受け止めてください。
徐々に水が溜まり、水しぶきが上がってくるようになる前に中の水を破棄することは当然ですが、浅い洗面器のようなものしかない場合には工夫が必要です。
洗面器の中に、水しぶきが飛び散らないように雑巾を敷くか、新聞紙など吸収がよい紙を敷いて、しぶきが上がることを防止します。
また、水漏れしている部分の天井に軽く釘を、刺し、その釘に糸のようなものを付けて、下まで水を垂らす方法もあります。
いち早く出来る事は、漏れている水を散乱させない事です。

屋根にブルーシートをかぶせる

雨や台風が去り、ある程度の安全性が確保できたら屋根を観察してみてください。
明らかに、瓦がずれている場所があったり、トタンが捲れあがっているのであれば、そこをブルーシートで覆うことも、雨漏りを防ぐ有効な方法です。
しかし、これには注意するべきことがあります。
屋根に上るわけですから、足元が濡れていないかどうか、屋根事態の劣化が酷く体重に耐えられるか、等よく確かめてから行うことをお勧めします。
また、ブルーシート自体が飛ばされて、ご近所さんにご迷惑にならないよう、しっかりと固定する必要があります。
いずれにせよ、これは応急処置でしかありませんので、次に漏れている部分について、しっかりとした修理が必用です。
自分で行える雨漏りかどうか見極めながら、本格的な修理に進みましょう。



PAGE
TOP