屋根から雨漏りした時に自分で修理することは可能?

屋根の水漏れはDIYでの修理がお得?金額以外のトータルで考える

おすすめリンク

総合的に考えてみると、自分で行うメリットは少ない

雨漏りは、発生すると非常にビックリして、焦ってしまいますね。 漏った状態で放置すると、非常に家にとって悪影響です。 湿気が発生して、カビや害虫発生の原因にもなります。 先ずは、修理よりも前に応急処置をしましょう。 当然の内容かもしれませんが、ご一読下さい。

先ずは自分で出来る応急処置をする

最近は、DIYが大きく流行しており、テレビを見ても実に様々なものをDIYで作成していますね。
有名人は、時間をかけて自宅をリフォームしたり、ほぼ全面改装するようなテレビ番組の特集もある為、今やDIYで出来ないことはないのではないか?と錯覚してしまうほどです。

今回、屋根の雨漏りについて自分で修理が可能かどうかをまとめてみました。
結論から申し上げますが、そのマイホームの築年数やその建築に対する値段価値などなど、様々なポイントから分析して修理にかける代金等を考えなくてはいけないのでしょうが、DIY等でおこなう屋根の修理には限界があるように感じました。
トータル的に考えて、
1、屋根という高い場所での安全な作業環境を確保する事の困難さ
2、材料や技術という点で、簡単で耐久性が非常に高いものが少ない
3、プロ仕様の道具等は最終的には高値
という事など考えると、ある程度専門業者に任せた方が、大切なマイホームを長く安全に維持できるのではないか、という事です。

しかしながら、屋根の雨漏りには様々な要因が考えられますし、ほんの少しの部分の可能性もあります。
その場合に簡単に出来る方法もお伝えしておりますので、参考にして頂ければ幸いです。
また、雨漏りなどは最終的には専門業者に依頼する場合でも、応急処置等は行った方が家の傷みは最小限で済むと思います。
先ずは自分で出来る応急対処方も少し書きましたので、ご参考にしてください。

積極的に専門業者への依頼を勧めるサイトではないですが、是非、修理にあたる方の年齢や体力など、金銭面に加えて安全面も総合的に考慮していただき、楽しいマイホーム生活を送っていきたいものですね。

DIYで出来るかも?簡単な修理方法

ここでは、あくまでもDIYで可能な方法をお伝えします。 ご自分で行いたい方は、材料や方法等をご参考にしてください。 最近は様々な道具やメンテナンスのテープ等が販売されていますので、ご自分で行うことも可能かもしれません。 安全性を確保しながら、修理されることをお勧めします。

金額だけではない自分で行う場合のデメリット

何でも自分で出来てしまうようなDIYのもてはやされぶりですが、屋根の修理に関してはそれが当てはまるのでしょうか? 自分で行う場合のデメリットや危険性について考えます。 金額では測れない部分も考えたいとおもいます。 是非、トータルで考え、長期的に安全に暮らせる方法をお選びください。


PAGE
TOP